私がデリヘル店で働き始めたきっかけ

私は大阪の十三と言う所にあるアナルファック専門のデリヘル店に在籍してデリヘル嬢として働いている女の子です。
年齢は22歳で身長は154cm、体重は44kgの私は茶髪のミドルヘアでストレートの髪型、ファッションは特にポリシーはなく、その時々で可愛いと思った洋服を購入して来ているだけのどこにでも居る普通の22歳の女の子です。

私は現在、アナルファック専門の十三のデリヘル店でデリヘル嬢として働き、毎日アナルファックで自分の肛門にお客さんの怒張した陰茎を受け入れて射精をさせる仕事を行っていますが、私は十三のデリヘル店に勤め始める前は大阪市内のデパートの文房具売り場で店員の仕事をしていたアルバイトの女性で、風俗経験もアナルファック経験も一切ありませんでした。

そんな私が十三のアナルファック専門のデリヘル店で働き始める様になったのは、アナルファックなどの変態プレイを以前からレディースコミックなどで見たり、インターネットのアダルト動画で観たりしていて「一度で良いから男性のがちがちに勃起した太い陰茎を自分の肛門に受け入れ、そしてそのまま自分の直腸の中でたっぷり精子を射精してもらいたい」と思っていたからです。
その願望を叶える為に私は十三のアナルファック専門のデリヘル店で働き始めたのです。

サブコンテンツ